東京安全鴉

素晴らしき日々

緒方智絵里ちゃんがお薬でダメになる話

 

深く考えるのはやめました。

f:id:kuriafairu:20170628170840j:plain

ブーンという音がしたので見てみるとゴキブリがいた。ケチャップのついた背中が赤黒く光っており、空き缶の中でカサカサと動いている。 

天井の光をすべて吸い込む黒いテーブルに、無造作に果物ナイフと注射器が置いてあった。ナイフには腐りかけた桃がこびりついて、注射器の針は錆びており、薬液も黒ずんでいる。そして、それらをうつろな目で眺める少女が一人。

続きを読む

4月11日

f:id:kuriafairu:20170411223911j:plain

 ブログの名前を変えたんです名前。たいして見られてないのはわかっていますが変えてみたのです。こんなもの見てるくらいなら働いた方がマシですよ、時間の有効活用ですよ、消化試合の人生で時間をどぶに捨てる位しかやることない人が見るんですよこんなもん。ならここはどぶなんでしょう、そうでしょう、そうしよう。アァ、それにしてもなんて「です」の多い文章だろう!

続きを読む

君はもうプレイしたか!?浅生詠先生の綴る物語の多様な世界

先日、ORCSOFT作品第7弾である「兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ。」をプレイさせていただきました。

名前から薄々察せられるかもしれませんが、所謂低価格抜きゲーですね。お財布に優しいことや割とニッチな性癖に対応していることもあり、僕はフルプライスよりも低価格抜きゲーの方が好みだったりします。

 

 さて、その中でも僕は先述したORCSOFTというブランドが大好きです。様々な理由があるのですが主に口淫描写が多いことやムチムチとした体形の女性が多く、とにかく男から精液を搾り取る為だけに生まれたような女性が多々登場するからです。実際冒頭で述べた作品のヒロイン達も皆ムチムチ。

 

続きを読む

三者三葉のOPがオタク向けアニメとしていかに完璧だったか

三者三葉という作品

三者三葉まんがタイムきららにて連載されている荒井チェリー先生の作品です。

荒井チェリー先生といえば2014年にアニメ化した未確認で進行形でご存知の方が多いと思いますが三者三葉未確認で進行形よりもはるか以前に連載を開始しており、まんがタイムきららで最も連載期間が長い作品だったりします。

内容としては画像の三人をメインとして繰り広げられる日常系ギャグストーリーです。

f:id:kuriafairu:20160528225211j:plain

続きを読む