東京安全鴉

サーカス

ツイートの傾向から桃太郎を作成するアプリが面白く内容の全文を掲載する

 昔々ある所に岩井俊二太宰治が住んでいました。  

 岩井俊二は一日へエロゲしに、太宰治は東京へ女子中学生しに行きました。  

  太宰治が東京で女子中学生をしていると、オタクオタクと、大きな中学時代が流れてきました。 太宰治は良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。  そして、岩井俊二太宰治が中学時代を食べようとすると、なんと中から元気の良いラリが飛び出してきました。

「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」

 ラリのなかった岩井俊二太宰治は大喜びし、中学時代から生まれたラリをストロングゼロ太郎と名付けました。

 ストロングゼロ太郎はスクスク育ち、やがて強い春陽堂になりました。

 そしてある日、ストロングゼロ太郎が言いました。

「ぼく、眠剤島へ行って、悪い眠剤を退治してくるよ」

 太宰治ロシア文学を作ってもらった彼は眠剤島へ出発しました。

 ストロングゼロ太郎は旅の途中で森川に出会いました。

ストロングゼロ太郎さん、どちらへ行くのですか?」

眠剤島へ、眠剤退治に行くんだ」

「それではお腰に付けたロシア文学を1つ下さいな。お供しますよ」  

 森川はロシア文学をもらい、ストロングゼロ太郎のお供になりました。 そして今度は村上龍に出会いました。

ストロングゼロ太郎さん、どこへ行くのですか?」

眠剤島へ、眠剤退治に行くんだ」

「それではお腰に付けたロシア文学を1つ下さいな。お供しましょう」

 そして今度は中上健次に出会いました。

ストロングゼロ太郎さん、どこへ行くのですか?」

眠剤島へ、眠剤退治に行くんだ」

「それではお腰に付けたロシア文学を1つ下さいな。お供します」

 こうして仲間を手に入れたストロングゼロ太郎はついに眠剤島へ到着しました。眠剤島では眠剤たちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「数年の宴」をしていました。 「よし、かかれ!」 森川は眠剤に噛み付き、村上龍眠剤をひっかき、中上健次眠剤を突きました。

 そしてストロングゼロ太郎も女子高生をふり回して大暴れしました。 すると、とうとう眠剤の親分が泣きながら降参を宣言しました。

 ストロングゼロ太郎と森川と村上龍中上健次眠剤から取り上げた数年を持って家に帰りました。

 そしてストロングゼロ太郎たちは数年のおかげで幸せに暮らしましたとさ。

 めでたしめでたし。

広告を非表示にする